インレー (詰め物)


外傷やウ蝕(虫歯)などで歯の一部が欠損してしまった場合に、
その部分を修復して機能を回復するために製作するものです。
特にウ蝕の初期段階で治療を行うケースに最も使われます。

歯の治療をした経験のある方なら、一本くらいは入っている可能性が高いので、
自分で口の中を見てみましょう。

インレー Inlay

インレーは歯科技工製作物の中でも特に小さいものなので、
製作にはより細心の注意が必要です。

歯科医師が削った部分と歯の表面の境界を正確に見極め、
過剰、不足の無い様に製作します。

特に不足がある場合には、削られた硬さのない弱い部分が
露出してしまい、再びウ蝕になってしまうのです。 


インレー製作に使用される材料は金属合金や硬質のレジン(プラスティック)がほとんどですが、
自費治療では陶材(セラミックス)も使用されます。 
インレーなど歯の一部を修復するものを一部被覆冠といい、
インレーの他には「アンレー」、「ハーフクラウン」、「3/4冠」など多くの種類があります。
 

アンレー (Onlay)

基本的にはインレーと同じですが、
インレーとの違いは、修復物が歯のコブ(山)の頂点を含むか含まないかで分類されます。

ハーフクラウン (Half-Clown)

名前の通り歯冠の半分を覆う修復物です。

3/4冠 (Three Quarter Clown)

前歯の外側(唇面)、裏側(舌面) 、隣の歯と接する
面(隣接面×2)の4つの面のうち
唇面を除く3面を覆う修復物です。


次のページ